授業で準備したスライドはこちら

2014年度 東京大学大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 修士1年生を対象にした講義3回を担当 (Mathematical modeling) 英語

2014年感染症数理モデル短期入門コース 講師 (感染症で使う構造個体群モデル) 日本語

2015年感染症数理モデル短期入門コース 講師 (感染症で使う構造個体群モデル) 日本語

城西大学理学部数学科 非常勤講師「数学特論I (学部3年次前期配当)」15回講義 日本語

東京大学大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 「国際保健学特論 (前期)」”Disease outbreak and international health regulations” 講師 (120分) (5/31) 英語

Summer boot camp of infectious disease modeling, 2016 講師 (Structured population modeling for infectious disease) 英語

東京大学大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 「国際保健学特論 (後期)」”Malaria” 講師 (120分) (2017年1月17日予定) 英語

2007 年度 (修士論文指導補助) 東京大学大学院 情報理工学系研究科 (合原一幸教授 研究室)

秦嘉芸さん 題目 "有限集団におけるマルチゲームダイナミクス"

2011 年度 (修士論文指導補助) 東京大学 生産技術研究所 (酒井康行教授 研究室)

白璐さん 題目 “異種細胞からなる組織構築プロセスの実験・数理的解析と制御”

2012 年度 東京大学 生産技術研究所 (酒井康行教授 研究室)

尾方優花さん 題目 “肝細胞と類洞内皮細胞からなる微小組織内パターン予測モデルの作成”

2014 年度 東京大学大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 (渋谷健司教授、西浦博(当時准教授)研究室)

喜多眞彩さん 題目: 日本における人口レベルの周産期死亡率の年次推移(1979-2010)とリスク要因に関する研究

成田祥さん 題目: 日本における食物繊維摂取とホルモン受容体別乳がんリスクについての研究

2015年度 東京大学大学院医学系研究科 国際保健政策学教室 (渋谷健司教授、西浦博(当時准教授)研究室)

木下諒さん 題目: 日本における風疹の集団免疫度に関する疫学的研究

大月詩織さん 題目: 渡航抑制によるエボラウイルス病の国際的な流行拡大の予防効果:2014年西アフリカ地域を中心とした流行データの数理モデル分析

平林万葉さん 題目: 日本人集団におけるヘリコバクター・ピロリ菌感染と膵がんリスクの関連について

2016年度 青山学院大学理工学部 (竹内康博教授 研究室) 2017年3月修了予定

石塚信行さん 題目 “Analysis of HIV infection dynamics in lymphoid tissue network”

長田瑞穂さん 題目 “タイプ変換する癌への T 細胞・NK 細胞による免疫数理モデル”

中田尚樹さん 題目 “NK細胞とT細胞の相互活性による癌の免疫療法 数理モデルの構築と解析”